FC2ブログ
Bijouでの主に対人の動画をアップしたり考察したりしてるブログです

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わんわんおー
2010/01/10/ (日) | edit |
ひっそりくりゅさんのブログにリンクを貼られていました。

犬に右手中指噛まれた。
痛い。
包帯が邪魔でタイプしづらい。

色々やってて26時間起きてます眠いです。
暇つぶしに麻雀やったりなんだりしてるけど読み通りにいかないもんですね。
まじトラックに衝突したらしゃれにならんわ。
最近はマルク武器出すために頑張ってます。
包丁でたけどいらない。
まじガブリエルかキヨチカくれよ。

そんなこんなでFEZでG鯖5on5もやってました。
時間切れ負けになりそうだったんで特攻したけどダメでした。
大剣やったけど経験浅いから片手がいると当たりにいけなくてまじnoobだった。
どうにも慎重になりすぎるとよくない。
自重しないで逆毛を生やしながらフォースインパクトwwwwフwォwーwスwイwンwパwクwトwwwwって感じでやってる時が一番いいようです。
んでまあ3on3といい5on5といい7on7といい、人数が少なければ少ないほど短スカいらないというか扱いづらくね?って思った訳で。
これは要するにレーサー規模から始まって小規模になって中規模になってというのに似てるような気がしないでもないなと。
んでまあFEZは基本50VS50だけど、バンクェットつってまあPvみたいな?感じで20VS20とかもできるんだけどこういう人数がまったく同じで戦えると戦力の密度差ってのがよく分かる。
まあ20VS20はおいといて50VS50の話をしよう(FEZやってないとわかりづらいかも

まず攻め側が主戦に25、僻地に10として裏方が5に召喚10で50とする。
次に守り側が主戦に30、僻地に5として裏方が7に召喚8で50とする。
普通に計算すると守りの主戦19人、攻め僻地8人が生き残る。
んで、裏方が多い方が領域ダメージが入るので攻め側は25キル分+領域ダメージ、守り側キル5人分を受ける形になるんかな。
召喚は時間が経つに連れて多い方がこの人数差に影響を及ぼすんだけど。
実際にはプレイヤーの力量とか職構成もあるからこうも上手くはいかない。
その辺は+αの要素って感じです。

RO的に言うなら、バリケードを主戦とした場合、守護石を僻地とする。
裏方は修理とかポタ子。
召喚は神器とかボスc持ちで支援とかフルコの時間がかかったりするって感じ。
まあ画面内で50VS50でやってる訳じゃないってことと強いキャラは戦線に行くまで時間がかかるってことですね。

FEZの話はおいといて
FE砦で言うなら3MAPに残る人間もいるし、魔法で蒸発する人間もいるし、で死なずにいる人間は50VS50かもしれないけ
ど、ERで平地戦になった時の人数は50VS40かもしれない。
こうなると戦力差は2500 - 1600 = 900ってなる訳で、50人側は30人残るってのはくりゅさんのとこを見てきてください。
つまり、相手と戦う際には相手よりも多く死ねないと言うことになります。
後は間接的に死ぬスタン、凍結なども出来るだけしないようにしなければいけません。
極端な話スタン、凍結、睡眠などをしなければリカバをする必要性はありません。
その分ハイプリの負担が減り別の事が出来るようになります。
極端な話無視すればいい訳だけど、VIT1でスタン耐性0のキャラにリカバをずっとし続けるとそのキャラどころかハイプリも死ぬ事になります。

その辺を考えて砂がいるかどうかって話になるんですよね。
この辺は短スカと一緒で、仮に50?60人規模でやるならいるのかもしれないけど30人とかで必要な職ではない気がする。
例えばレーサー規模で必要かどうかって言われれば必要ないだろう。
どこまで必要じゃなくてどこから必要かと言われると具体的には言えないけどね。
聖体防衛するならその3人分スクリ*2、ブラギ1に割り当てた方が有意義じゃないかなという話。

この辺無駄なところと、死にすぎ(間接的にも)ってのが大半の同盟に当てはまるんじゃないだろうか。
少なくとも僕の意見としては給食はこの辺をきっちりやってるだけであって、小規模上位もきっちりやれば中規模下位ぐらいなら落とせるだろうなとは思ってます。
中規模上位はこれができてるからこそ強いんでしょう。
数の割りに?ってのは10人の差でもどれだけ戦力差がどれだけつくかって事ですね。
人数ってのはそれだけ大きい要素でもあるってことですね。
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。